『電話リレーサービス』へのご理解と
令和4年度サービス料金のご負担のお願い

2022年03月25日

日頃より『電話リレーサービス』へのご理解とご協力いただき、誠にありがとうございます。

『電話リレーサービス』は、電話提供事業者からの負担金を原資とする交付金で成り立つものです。令和4年度の交付金の額は16億1,400万円であり、令和4年度の番号単価は、1番号あたり年間合計6円となっています。
pluscommにて提供している電話番号に対し、2022年度ご利用者様にご負担いただく『電話リレーサービス料』は以下となります。
『電話リレーサービス』についてご理解いただくとともに、 サービス料のご負担についてもご了承いただきますようお願いいたします。

サービス料金ご負担のお願い

【徴収金額】
令和4年 令和5年
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1.1円 1.1円 1.1円 1.1円 1.1円 1.1円 0円 0円 0円 0円 0円 0円
【徴収方法】

毎月の請求時にユニバーサルサービス料と合わせて請求させていただいております。

『電話リレーサービス』とは、
聴こえない人と聴こえる人を「電話」でつなぐサービス

『電話リレーサービス』は、『聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律』(令和2年法律第53号)により制度化され、令和3年7月1日から開始されました。

『電話リレーサービス』の交付金・負担金の仕組みや「電話リレーサービス」の利用方法などについて、総務省から様々なリーフレットやウェブページにて情報提供していますので、ご参照ください。

リーフレット
https://www.soumu.go.jp/main_content/000743855.pdf

Webページ
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/telephonerelay/index.html

最新のニュース

お問い合わせ・資料請求はこちら