オフィスやテレワークで電話をしている人たちの画像

U-CUBE VOICEとは

PBX機能に加えて内線通話機能をクラウドで提供するサービスです。オフィスにPBXを置く必要がないので、保守・運用から開放され、通信設備にかかるコストの見直しが可能です。

ビジネスフォンとスマホの連携が可能ですので、オフィスはもちろん、外出時やテレワーク・少人数拠点など、どこでも電話を共有できます。

クラウドPBXなら

オフィスにPBX不要 複数拠点を一括管理 低コストで手軽に導入

U-CUBE VOICE が選ばれる理由

音質が良く高品質なクラウドPBXで
快適な通話を実現

一般的なクラウドPBXは基本的にすべてインターネット網を介して通話をするため、どうしても音質が不安定になる場合があります。
『U-CUBE VOICE』は独自の仕組みを利用し、極力インターネット網を介さない構成にしているので、高音質な通話が実現します。

インターネット網と電話網のイメージ図

U-CUBE VOICE4つの特徴

1高音質
高音質のイメージ画像
音声は、インターネット網を極力利用しない構成なので安定した通話ができます
2豊富な実績
豊富な実績のイメージ画像
大手通信事業者の商用にも多数利用されていています
3マルチ
キャリア対応
マルチキャリアのイメージ画像
固定回線・FMCともにマルチキャリアに対応してます
4既存オンプレ
PBXと共存可能
既存PBXと共存しているイメージ画像
オンプレPBXと共存可能なので、各拠点の更新時期を気にせず導入ができます
U-CUBE VOICE 構成イメージ図
U-CUBE VOICE 構成イメージ図

既存サービス・アプリとシームレスに連携

FMCサービス対応の図
スマホを内線化できる
スマホを内線化できるので、会社にかかってきた電話をどこでも共有可能。テレワークやBYODにも最適!
VoIPアプリ対応の図
VoIPアプリ対応
AGEphone Business・Cloud(今後対応予定)にも対応できます。BYOD端末での利用も可能です
0ABJ番号発信の図
0ABJ番号での発信可能
050番号だけではなく、03・06など一般の電話番号に割り振られる番号が利用できます

APIプラットフォームと組み合わせると、さらに充実

U-CUBE VOICEに加え、pluscomm(クラウド電話APIサービス)を活用すれば、
さらに利便性を追求したテレフォニー環境が実現できます。

U—CUBE VOICE とpluscommの構成イメージ図
U—CUBE VOICE とpluscommの構成イメージ図

pluscomm(プラスコム)とは、通話アプリケーションを手軽に開発できるクラウド型APIプラットフォームです。

pluscommの詳細はこちら

FAQ お問い合わせの前にお読みください

用語について

クラウドPBXとはなんですか?
PBXとは、電話回線の交換機のことを指します。外線から発信された着信を内線に発信したり、内線から外線への発信を制御する役割をします。
クラウドPBXとは、オンプレPBXとは異なりクラウド(インターネット)上にPBXを用意した機能のことです。大規模な設置・配線工事が必要ないので、初期費用を抑えて手軽に導入できます。
オンプレPBXとはなんですか?
自社内にPBXを設置することです。社内のネットワーク環境下のみで管理・運用をします。
FMCサービスとはなんですか?
FMCとは、Fixed Mobile Convergence(固定電話と携帯電話の融合)の略で、インターネット通信を利用するIP電話機と携帯端末を連携させる仕組みのことを指します。
通信コストの削減や業務の効率化に繋がるため、各企業から2000年代後半から注目されています。
VoIPアプリとはなんですか?
VoIPとは、Voice over Internet Protocolの略で、インターネット回線を使った通話アプリのことを指します。
0ABJ番号とはなんですか?
0ABJ番号とは、「03」「06」などから始まる一般の加入電話に割り当てられる電話番号の形式のことです。0ABJ番号の並びは、ハイフンごとに「市外局番 – 市内局番 – 加入者番号」という情報を表しています。
pluscommとはなんですか?
通話アプリケーションを手軽に開発できるクラウド型APIプラットフォームです。
pluscommの詳細はこちら

お申し込みについて

お申し込み方法についておしえてください。
お問い合わせフォームからご連絡ください。担当営業より連絡を差し上げます。

サポートについて

サポートについて教えてください。
平日9:00〜17:00、メールまたは電話による対応になります。